またやりたいこと。

ワルトシュタイン

3歳から18歳までピアノを習っていました。

ワルトシュタインは最後に弾いた曲。

あれから20年。。。

もはや楽譜も読めず弾けません…。

またいつか弾けるようになりたいけど

練習する時間なんてないかなぁ。

少年老い易く学成り難し

一寸の光陰軽んずべからず

身にしみますな。

広告

不妊治療のこと

月に一度の女性の排卵。

排卵後の卵子の寿命は12時間~24時間といわれております。

短いですよね~。

この時間に精子と出会って受精をしないと先に進まない。

このタイミングに合うように性交渉をもっても

妊娠に至る確率は3割弱らしいです。

妊娠って本当に奇跡的。

 

前の結婚で私は毎日基礎体温とにらめっこしながら子供が欲しいと願っておりましたが

そんな生活をしていても3年間できませんでした。

毎月期待しては赤いものがやってくる…w

そのがっかり感といったら!

ちょっとずつ心が病んでいく感じがするんですよね。

年齢的に毎月誰かしらの妊娠報告や出産報告や赤ちゃんを見に行ったりやらで

なんだかすごく辛かったのを覚えております。

友達の妊娠報告も素直に喜べない。

そんな自分が嫌でたまらず更に落ち込む。

病院で検査もしましたが

夫の精子も異常なし。

私の子宮も卵管もホルモン値も他もろもろ検査異常なし。

原因不明の不妊でした。

 

1度目の結婚は3年半で終わっているので

今思うと出来なくて良かったわけですが(笑)

 

今の旦那さんと結婚を決めたのは実際に入籍する1年前でした。

私は自然には子供はできないだろうと思っていたし

年齢ももうアラフォーだったので更に出来にくいということを踏まえたうえで

自分で排卵検査薬を使いながら1年間家族計画をしてましたが

案の定毎月撃沈でしたね~、やっぱり。

ということでみっちゃんと話し合い、入籍してすぐに不妊治療をすることを決めたのでした。

働いている女性は不妊治療に通い続けるのはスケジュール的に本当に大変だと思いますが

私の場合は理解ある上司と同僚で助かりました。

そして。。。不妊治療は保険が利かないので本当に高い(T-T)

高いうえに成功率は決して高くありません。

てことで同じ金を払うなら、通える範囲内で有名な病院へ決めました。

東尾理子さんも通っているところですねw

そこで、原因不明の不妊のほとんどはおそらくピックアップ障害ではないかという院長先生の本を読みました。

妊娠の過程は

卵巣から排卵された卵子が卵管で精子と受精

卵管内で細胞分裂を繰り返しながら5~6日かけて子宮に到着

子宮に着床(妊娠)

という感じで進んでいくわけですが

ピックアップ障害というのは卵巣から排卵された卵子を

うまく卵管でキャッチできない障害ということです。

排卵された卵子は自分から進んでポーン!と卵管に飛び込むわけではなんですよね。

卵管采というイソギンチャクみたいな手みたいなものが卵子をとりにいくんです。

それがうまく機能していない。

つまり精子に出会う以前の問題!

こうゆう人は、卵子を取り出し精子と受精させてあげた後、

子宮内にもどす体外受精がとても有効的だと書いてありました。

目からウロコ!

私は多分体外受精で妊娠で出来る!って思いましたね~w

でも、まぁそれは卵子が元気であればの話。

卵子はお母さんのお腹で女の子として生をうけた時から一緒に育ったものを

今、毎月排卵しているんですよね。

つまり自分がアラフォーならば卵子もアラフォー!

(精子は都度作られるのでいくつになってもフレッシュらしいですw)

卵子が老化していると体外受精でもうまくいきません。

ちなみに卵子の若返りは動物実験では成功しているらしいですが

人間に今後適用できるようになるかはまだ分かりませんね。。。

今のところ卵子の老化に打つ手はなしです。

 

で、私の不妊治療は体外受精を3回行い妊娠に至りました。

期間は半年。

金額は140万(そのうち都の助成金申請で半額くらい戻ってきます)。

体外受精ってすごく高度医療な感じがするんですが

実際は卵巣から排卵直前の卵子を取り出したら精子を振りかけ

あとは受精&分裂するかどうか観察するのみ。

成長したら子宮に戻し、着床してくれるかどうかは神のみぞ知る…みたいな

意外と人の手をかけてないんですよね。

顕微授精という方法になると、卵子を取り出したあと、

培養士が元気な精子を1つ選んで卵子に注入するので

なんだか人の手をかけてる感じがしますけどね。

 

そんな感じで私は妊娠しました。

治療しないと子供が出来ないという事については不幸と感じるよりも

治療すれば子供が授かる可能性があるという時代に自分がいる事がありがたかったです。

とはいっても2回の体外受精で陰性だった時は

私はピックアップ障害ではなくて着床障害なのかも…とかなり落ち込みましたが。

(着床障害はまだ解明されてない部分が多くハッキリと原因特定できるものでもないし

これといった確実な治療はないようです。

ピックアップ障害も、ハッキリと確定できるものでもないんですが…)

3回目の判定日で無事妊娠していたときは感動で手が思いっきり震えましたね。

あの時の気持ちを忘れずに愛情たっぷり子育てに励みたいと思います。

再来週には産休。そして引っ越し!

予定日は8/18です。

帝王切開なので予定日じゃなくて確定日ですけどねw

愚痴とかwイロイロ。

イシスは何事もなかったかの如く元気です…(笑)

IMG_0732

梅雨入りですね。

すっかりおなかも大きくなってきました。

やっとこあと1カ月で産休に入ります。

それにしても通勤が大変。

いいのかどうか判らないけど、大きなおなかでチャリ乗ってます…w

家から最寄り駅まで遠いのでいたしかたなく。

で、満員電車乗車。

今まではそのまま30分乗ればよかったんですけど、さすがに妊婦は辛くなってきたので

隣駅で下車して隣駅始発の電車に乗り変えます(これも争奪戦のため早めに並ばないといけないw)

で、終点で下車したらここから20分歩き地下鉄に乗り換えて会社に着きます。

隣駅始発に乗るために今までより1時間早めに家を出て

通勤時間も1時間→1時間半かかるようになりました(乗換が増えたのと歩き&チャリをこぐ時間が遅くなったので)。

で、やっぱり妊婦ってすぐ疲れるしだるくなる。

人一人、自分の身体の中で育てるって大変。

自分の身体に2個心臓があるんだもんなぁ。

働きながら出産子育てしている世の中のお母さんを本当に尊敬します。

 

ここから愚痴になってしまいますが

みっちゃんも今年から始めた仕事がかなり忙しくて朝早く帰り遅く…。

帰ったらご飯食べて即寝だし

会話らしい会話もないし、今の自分の状態で共働きなのにこの家事の不均等に

申し訳ないけどイライラ…orz

こっちは妊婦状態で往復3時間の通勤後、帰りに買い物して

帰ってきたらラムイシの面倒みて、軽く掃除してご飯作って…って…

仕方ないんだけど…イライラが募る…w

不均等にイライラっていうか、多分、いたわってもらいたいんですよね、きっとw

これって私コンプレックスなんですけど、歳の離れた末っ子特有の我儘なんでしょうか。。。w

 

だもんで妊婦ってホルモンバランスの影響でイライラしやすいらしい!と自分を納得させ

乗りきっていますが、それにしても早く産休に入りたい…!

けど、育休明けの子育てと仕事の両立を考えるとイロイロと不安になります。

こんなんでホントにやっていけるのか~。

世の中のシングルマザーってホントすごいな。

IMG_0727 - コピー

胎動きいてるみたいなラムちん。

ブログに載せるかどうか迷いましたが、別に隠すことでもないので記載しますが

私の妊娠は不妊治療のたまものです。

これについてはゆっくり次のブログに記録しておこうかな~。

 

37歳の高齢出産。

高齢出産はダウン症の確率も高くなります。

不妊治療して高齢にして子供を授かった人の多くは出生前診断をうけるようです。

私も不妊治療をしているときは受けるつもりでいました。

が、無事妊娠して、受けるかどうか悩んで、結果、検査は受けないことにしました。

もし、検査結果が陽性だったとして、どんなに落ち込んだとしても

どうしても、おろすという結論を選ぶことはできないと思ったからでした。

でも、それが正しいのかどうかはわからないです。

 

こうしてイロイロと悩んだことが杞憂に終わり

無事健康な赤ちゃんが生まれてきてくれますように。